九曜の紋

この小説は戦国大名、細川忠興とガラシャの次男、細川興秋から数えて十五代目の実業家、長岡不動産の長岡今朝吉社長の一代記である。

Available formats: epub pdf rtf lrf txt html

First 20% Sample: epub lrf Online Reader
About Kumiko Kosaka

株式会社アイ・ブレイン 取締役。
小説家。
大手外資系企業や一部上場企業のエグゼクティブを対象に、事業戦略から人事相談、メンタルケアまで、パーソナルアドバイザーとして10年の実績を持つ。
日経BP社のITproでITビジネス小説『東京白山エンジニア物語』を連載。
『小説現代』(講談社)のショートショートコンテストにて1位を3回受賞、受賞作は講談社文庫に収録され発売中。
コスモス文学新人賞入選。
月刊公募ガイド「マニア訪問」に登場。
詩集『新体詩嬢のローズ・パニック』刊行
詩集『新人博90』刊行
『小説新潮』『小説現代』『読売新聞』『朝日新聞』『文藝春秋』『週刊文春』『サンデー毎日』『中央公論』『諸君』等に短歌、俳句、川柳、エッセイ入選。
東京FMでは作詞「京都にて」が優秀賞に選ばれ、オンエアされた。
「ズームイン朝!」日本テレビに出演。

Reviews

This book has not yet been reviewed.
Report this book