時には加速、時には減速、上手な前進力の使い方

相手の弱いところとか痛いところを「突きまくる」「打ちのめす」「叩きまくる」。仕事の現場で良く見かける光景です。しかしチームワークが重要視される会社や組織で、そんな言動を継続しているとマイナス評価になることがあります。様々なミッションを持っている人が働く現場で、バランスよく行動していくにはどのようにすればいいのでしょうか。本書では、時にはパワーを出して(加速)、時にはパワーを抑えて(減速)、上手にチームの一員として活躍していく時に大切になる手法や考え方が書かれています。ここに書かれている内容を参考にして、もう一度あなたの行動の品質を見直してみて下さい。この本の最後に「お得な情報」があります。本書は樋口研究室の樋口節夫が執筆を担当しています。

Available formats: epub mobi pdf rtf lrf pdb txt html

First 15% Sample: epub mobi (Kindle) lrf more Online Reader
Words: 330
Language: Japanese
ISBN: 9781310294563
About Setsuo Higuchi

立命館大学法学部法律学科卒。在学中に竹山流津軽三味線・助教師免状を取得し教室を開く。1984年(在学中)に工学社I/Oプログラムコンテストで審査員特別賞を受賞する。1985年(在学中)にアスキーログイン・ソフトウェアグランプリで第2位を受賞する。大学卒業後、日本アイ・ビー・エム株式会社に22年間勤務し、銀行系のSIプロジェクトからアウトソーシング、技術支援、技術営業、人材開発などテクニカルからマネジメント、スタッフ業務など幅広い業務に携る。1993年(在職中)に樋口研究室を設立し代表者に就任しPCやJava、Webオープンシステムやヒューマン・マネジメント(コーチング)の普及に努め、数多くの講演や著書を残す。2007年に合同会社ビューチェンジを設立し代表者に就任する。2010年に株式会社ビューチェンジに体制変更し代表取締役に就任する。テクニカルに強い。ヒューマンにも強い。そしてビジネスにも強い。この3つがバランスしている人が一番強い。これを人材開発サービスのモットーとする。

Also in ビューチェンジ文庫

Also by This Author

Reviews

This book has not yet been reviewed.
Report this book