プロジェクト・キッズ・アドベンチャー

Series Order
Newest
究極のツリーハウスプロジェクト
Series: プロジェクト・キッズ・アドベンチャー, Book 1. Price: $2.99 USD. Words: 1,430. Language: Japanese. Published: January 17, 2018. Categories: Fiction » Children’s books » Social Issues / Self-Esteem & Self-Reliance
10歳の親友ベン、ジェームズ、ティム、トムの4人は、学校の近くの森で大きな木を見つけて究極のツリーハウスを作り始めます。最初にうちは良かったのですが、ベンの姉アマンダが彼らの秘密のツリーハウスを見つけてから雲行きが怪しくなりました。女の子たちも自分たちのツリーハウスを作り始めたのです。それも男の子たちと同じ木に!しかもずっと上手にです!いったい彼女たちはどんな秘密の武器を持っているのでしょうか?そしてある事件をきっかけにすべてが変わり、男の子と女の子は一緒のチームで働くことになります。 この本では、ワクワクドキドキの物語とプロジェクトマネージャーであるアマンダのパパによる簡単なレッスンを通して、子どもたちに基本的なプロジェクトマネジメントの概念を紹介しています。彼女がパパから学んだことを使って女の子たちは、計画も立てずに作り始めた男の子たちを一気に追い抜いてしまいます。
怖すぎるお化け屋敷プロジェクト
Series: プロジェクト・キッズ・アドベンチャー, Book 2. Price: $2.99 USD. Words: 1,980. Language: Japanese. Published: January 31, 2018. Categories: Fiction » Children’s books » Social Issues / Self-Esteem & Self-Reliance
去年の夏のツリーハウスプロジェクトを忘れかけたころ、中学生になったアマンダはまだ学校に馴染めずにいました。友達とは違うクラスになり、周りは知らない子ばかり。しかも、他の子たちは一気に身長が伸びて彼女は再び「小さい子」になってしまいました。 一方、ベンは小学校で最高学年になり絶好調です。アマンダが中学に進学したおかげで、もう邪魔者はいません。友達と一緒に学校生活をエンジョイしていました! しかし、小中学校合同でハロウィン・コンテストをおこなうという発表があり、プロジェクトキッズは再び集結することになり、状況は一転しました。 吸血鬼、ゴブリン、ゾンビ、幽霊、そして前のプロジェクトでの教訓を武器に持つ彼らが負けるわけがない!はずです? この本では、究極のツリーハウスプロジェクトで学んだプロジェクトマネジメントの考え方に加え、さらに複雑なプロジェクトを扱う時に役立つ重要な考え方を紹介します。
驚異の科学フェアプロジェクト
Series: プロジェクト・キッズ・アドベンチャー, Book 3. Price: $2.99 USD. Words: 1,870. Language: Japanese. Published: January 31, 2018. Categories: Fiction » Children’s books » Social Issues / Self-Esteem & Self-Reliance
アマンダは悩んでいました。彼女は友だちと一緒に巨大なツリーハウスや素晴らしいお化け屋敷を作りましたが、今度ばかりはかなり厄介です。これまでは遊びでしたが、今度のプロジェクトは学校の成績に関わるのです!授業でおこなう科学フェアのためのプロジェクトですから!でも、どこから手を付ければいいのか?何を研究すればいいのかすらわかりません。 こんな状態で科学フェアに優勝できるのでしょうか? 一方、男の子たちはプロジェクトの結果が生死を分けるかもしれない別の大きな問題に直面していました。まあ「死ぬ」というのは大げさかもしれませんが、電気もないところでビショビショになって凍えてお腹もペコペコで週末を過ごさざるをえなくなるかもしれません。 さあ、プロジェクトキッズと一緒に3つ目の冒険に参加して、ネズミと人、そしてマシュマロの謎を解き明かしましょう!
バレンタインプロジェクトの災難
Series: プロジェクト・キッズ・アドベンチャー, Book 4. Price: $2.99 USD. Words: 1,600. Language: Japanese. Published: January 31, 2018. Categories: Fiction » Children’s books » Social Issues / Self-Esteem & Self-Reliance
「成功の最大の問題はみんなからさらに大きな期待をされることだわ!」アマンダはそう考えながら目の前の紙きれを恨めしそうに見つめていました。「モルディバ先生、分かりました。楽しそうだし私やります!」アマンダは、そう言って校長先生に約束してしまったのです。そしてその紙に大きな太い字で書かれていたのは・・ バレンタインのダンスパーティ主催者募集! 4番目のプロジェクトはこれまでで一番大きいだけでなく多様かつ複雑です。何と言っても学校中の人たちに参加してもらうために関係性を構築しなければならないのです。彼らはプロジェクトを通して他者に良い影響を与える方法やいじめに対応するコツを学んでいきます。 さあ、プロジェクトキッズと一緒にウィルキンス中学校でのバレンタインのダンスを企画しましょう。恋のキューピッドがプロジェクトキッズのハートを射抜くか?それとも外れちゃうかも?
イースターのいじめっ子更生プロジェクト
Series: プロジェクト・キッズ・アドベンチャー, Book 5. Price: $2.99 USD. Words: 1,970. Language: Japanese. Published: January 31, 2018. Categories: Fiction » Children’s books » Social Issues / Self-Esteem & Self-Reliance
バレンタインのダンスを邪魔した「ニキビ顔のピート」がその報いを受けるのは当たり前だと考える読者がいるかもしれません。ところがなぜかプロジェクトキッズたちはピートを助けようと言い出します。その真意は何でしょうか? 今回彼らは関連する複数のプロジェクトに同時に取り組みます。ピートのいじめの背後にある理由を慎重に探りながら、いつの間にか学校や地域をはるかに超えた大きな目標に取り組んでいることに気づくのです。 彼らは「いじめっ子の更生なんかできるのか?本当にやるべきなのか?」というシンプルな疑問に悩み続けますが、その答えは思わぬところにありました。でもそれはイースターバニーさえ知らなかったのです!