現象学的に根拠を問う

現象学は、従来にない豊かな可能性を哲学にもたらした。現象学的に根拠を問う時、人は、現象の相関項としての超越論的主観の存在を自覚する。しかし、学の基礎付けはそれで十分なのだろうか。本書は、第一章でエトムント・フッサールの現象学的哲学を、第二章ではマックス・シェーラーの現象学的倫理学を批判的に検討しつつ、第三章で、現象学的還元・構成・破壊をモデルにした目的論的還元・構成・破壊による、現象学、とりわけ実質的価値倫理学の超越論的基礎付けを試みる。 More

Available ebook formats: epub

About Toshiya Nagai

Hi. I am Toshiya Nagai or Nagai Toshiya (永井俊哉) in Japanese order, a writer, philosopher and researcher in systemics. I was born in Kyoto, Japan in 1965, earned a master's degree at the University of Tokyo in 1990 and now live in Kasugai, the suburb of Nagoya, Japan.

Also by This Author

Reviews

This book has not yet been reviewed.
Report this book