システム論研究序説

システムは、全体部分関係から構造論的にではなく、複雑性/エントロピー概念から機能論的に解明しなければならない。本書は、第一章で、地平の論理構造を解明しつつ、不確定性(エントロピー)の哲学を提唱し、第二章で、ルーマンの社会システム論を超越論的目的論へと改作し、第三節では、システム論の視点から進化と歴史を論じ、ルーマンが放棄した規範論と目的論の再建を目指す。 More

Available ebook formats: epub

About Toshiya Nagai

Hi. I am Toshiya Nagai or Nagai Toshiya (永井俊哉) in Japanese order, a writer, philosopher and researcher in systemics. I was born in Kyoto, Japan in 1965, earned a master's degree at the University of Tokyo in 1990 and now live in Kasugai, the suburb of Nagoya, Japan.

Also by This Author

Reviews

This book has not yet been reviewed.
Report this book