社会システム論の構図

社会秩序は、いかにして、万人の万人に対する戦いである無秩序から人々を救い出し、社会秩序を可能にするのか。この問題は、社会学の永遠の課題である。本書は、ニーチェ、マルクス、フロイト、ラカン、レヴィ=ストロース、フーコー、バタイユ、ブルデュー、クーンなど、ヘーゲル以降の現代思想の流れを踏まえつつ、社会秩序の問題を、社会システム論の立場から考察する。 More

Available ebook formats: epub

About Toshiya Nagai

Hi. I am Toshiya Nagai or Nagai Toshiya (永井俊哉) in Japanese order, a writer, philosopher and researcher in systemics. I was born in Kyoto, Japan in 1965, earned a master's degree at the University of Tokyo in 1990 and now live in Kasugai, the suburb of Nagoya, Japan.

Also by This Author

Reviews

This book has not yet been reviewed.
Report this book